貸したお金をスムーズに回収したい

ヤミ金被害解決

 

貸したお金をスムーズに回収したい

お金の貸し借りって誰もが何かと縁しているものです
善人であればお金を貸すし、生活が厳しければ貸したくても貸せません。

 

ある日ふとお金を貸して下さいと言われた貴方は何と言いますか?

 

全然知人でもないような人にはどんなにお願いされても貸しませんが
友人だったり親しい仲だとある程度信用性をつけていますから、困っていたら助けたくなるものだったりします。

 

結果お金を貸すわけですけれど
知っている人へお金を貸す際でも心配に思う事ってなんでしょうか?

 

いつまでにちゃんと完済してくれるかどうかだと思います。

 

しかし親しい仲であれば請求で強く言えない人も多いみたいです。

 

何気なく返してと言うタイミングがなかなか見つからないとか
友情を壊したくないからと黙っている人もいるようです。

 

知っている人同士のお金の貸し借りの際
どうすればスムーズにお金を回収出来るのでしょうか?

 

勿論法的手段を取れば簡単に元が帰ってくるのは事実。

 

しかしそこまでして相手を苦しめたくないと思う人も実に多い世の中。

 

お金の取立てをする際

 

公正証書の借用書作成をしたり土地や家屋などの抵当権の設定をしたりと
相手が嫌だと思う事をするのは実に辛い事かもしれませんね。

 

しかし結局の所返済の見込みがなければここは多少強気で回収しようとしないとお互いの為によくない状況となってしまいます。

 

貸したお金をスムーズに返済してもらう為にはいくら仲良しの友人であろうと、厳格に対応するしかないのです。

関連ページ

借金取立ての時効について
借金を無視する事は物理的に不可能な現在,何かと支払いの義務が生じているならば遅かれ早かれ完済を要されます。
ヤミ金の取立て
ヤミ金からお金を借りられている場合,ヤミ金の取り立てのパターンを事前に知っておいた方が万全に備えられるかもしれません。
借金の取立て方法
知人同士だったら数万円程度お金を貸したならば返済してくれる見込みはあります。勿論この場合、信用してお金を貸している人を前提とします。
借金の取立てにもマナーがある
いくら借りたお金を返さないからといって,こちら側が強く出る意味を間違えて暴力を振るってしまえば警察に連れていかれちゃいます。
借金取立てと低額起訴
口約束でも効能はあるようでずか、借用者があった方が絶対良いです。借金の取り立ての手段の一つとして「低額起訴」がありました。