借金の取立て方法

ヤミ金被害解決

 

借金の取立て方法

知人同士だったら数万円程度お金を貸したならば返済してくれる見込みはあります。
勿論この場合、信用してお金を貸している人を前提とします。

 

この金額がもし
10万以上だった場合はどうなるでしょう

 

100万以上だったら・・・。

 

考えるだけで身震いしてしまう感じです。

 

返してくれるならばいくらでも困った時に貸す気持ちは人間にはありますが
信用出来ない人からはいくら頼まれても貸したくないというもの。

 

一番厄介なのは数百万以上の多額を貸したにも関わらず
相手側が返済不可となった時の場合。

 

こちらから取り立てる策を練らなければ
貸したお金は返ってきません。

 

ずっと見過ごしていると何処かに失踪してしまったり
行方不明となってしまう場合もあるので

 

早急な法的処置を取った方が良いと言えます。

 

取り立ての手段はまず借用書を取り交わす事が先手です
返済の義務はあくまで本人ですので周囲の知人は対象外。

 

回収するというのはある意味残酷にも思えますが、返済出来なかった自業自得とも思えます。

 

回収方法としては直接お金が払えないとなると持ち家の売却や遺産を待って返済してしもらうという結果となります。

 

お金を返済してくれない人に対して非情ながらもこのように相手に追い討ちをかける事をするしかないようです。

 

お互い良い気はしないと思いますが、ここは厳しくこれが取り立てするという事だと自覚しましょう。

関連ページ

借金取立ての時効について
借金を無視する事は物理的に不可能な現在,何かと支払いの義務が生じているならば遅かれ早かれ完済を要されます。
ヤミ金の取立て
ヤミ金からお金を借りられている場合,ヤミ金の取り立てのパターンを事前に知っておいた方が万全に備えられるかもしれません。
借金の取立てにもマナーがある
いくら借りたお金を返さないからといって,こちら側が強く出る意味を間違えて暴力を振るってしまえば警察に連れていかれちゃいます。
借金取立てと低額起訴
口約束でも効能はあるようでずか、借用者があった方が絶対良いです。借金の取り立ての手段の一つとして「低額起訴」がありました。
貸したお金をスムーズに回収したい
お金の貸し借りって誰もが何かと縁しているものです善人であればお金を貸すし、生活が厳しければ貸したくても貸せません。