ヤミ金の取立て

ヤミ金被害解決

 

ヤミ金の取立て

ヤミ金って昔は凄く残酷だったイメージが強いと思います。

 

今では現在の法で守られているのでそこまで酷い業者もいなくなったと思います。

 

とは言ってもまだまだヤミ金は悪事を働いて罪もない人を苦しめているのは変わってません。

 

請求の仕方や取り立て方法も以前にも増して汚く巧妙に進化していると言えば進化してます。

 

ヤミ金からお金を借りられている場合
ヤミ金の取り立てのパターンを事前に知っておいた方が万全に備えられるかもしれません。

 

例えば例を挙げるならば

 

借金の持ち主が病気で入院していたとしても病院へダイレクトに請求に来るケースがあります。
お金の為なら場所も手段も選ばない。

 

 

それがヤミ金です。

 

 

そして友人同士にも請求する行為を働きかけてきます。
本人が払えないならばお前が払うべきとか因縁をつけられてしまうのもおかしな話。

 

突然教えてもいない携帯や連絡先に電話が入る事があります。
どういった経路から調べたのか全く不明です。

 

このようなタチの悪い金貸しからお金を借りた場合。

 

・警察に相談
・弁護士に相談
・支払いを完済

 

三つの手段から選ぶ事となるでしょう。

 

合法でない金貸しの場合は事件沙汰になる可能生大。

 

ただちに万全の策を練るべきだと思います。

関連ページ

借金取立ての時効について
借金を無視する事は物理的に不可能な現在,何かと支払いの義務が生じているならば遅かれ早かれ完済を要されます。
借金の取立て方法
知人同士だったら数万円程度お金を貸したならば返済してくれる見込みはあります。勿論この場合、信用してお金を貸している人を前提とします。
借金の取立てにもマナーがある
いくら借りたお金を返さないからといって,こちら側が強く出る意味を間違えて暴力を振るってしまえば警察に連れていかれちゃいます。
借金取立てと低額起訴
口約束でも効能はあるようでずか、借用者があった方が絶対良いです。借金の取り立ての手段の一つとして「低額起訴」がありました。
貸したお金をスムーズに回収したい
お金の貸し借りって誰もが何かと縁しているものです善人であればお金を貸すし、生活が厳しければ貸したくても貸せません。