同居家族 内緒 債務整理

ヤミ金被害解決

 

同居家族に内緒で債務整理はできますか?

家族に内緒で債務整理はできます。
まず、別居しているのであれば、自己破産でも何の問題もありません。
債権者は、滞納していた場合、催促を行うのですが、その時に同居している家族に及ぶことはほとんどありませんから、そこは安心です。
しかし、催促を何度も無視したりしていると、職場などに催促の連絡が行くことはあります。
電話に出ないと、今度は郵送ですが、これは家族に知られる可能性は高いので、滞納をした場合の催促には、必ず対応するのが、家族に内緒にしたいのであれば鉄則です。

 

貸金業者などは催促がしつこいからと言うのは、対応をしないからです。
返済を滞納してしまうと、どうしても今の現状から逃げたいため、催促されても返せないものは返せないという理屈で考えてしまいます。
しかし、それでは状況はそのままなのです。

 

そこで、滞納しなければならない借金は債務整理をしましょう。
債務整理をする際に、とても自分ではできないときには、弁護士に相談をしてください。
この時、家族に内緒で行うことは可能です。
すべての連絡を個人だけで取れる電話にしたり、郵便物なども指定できます。
弁護士にとっては、個人の事情を汲んだ手続きをしてくれますから、家族に内緒で債務整理を進めることは可能です。

 

債務整理も裁判所が関係する民事再生。自己破産、特別調停などの場合でも、事情を話すことで、家族に内緒で債務整理をすることができます。
債務整理後の生活も普段通りにできますから、安心してください。

関連ページ

債務整理と家族
債務整理をする時、絶対に家族に内緒で行いたい方も多いでしょう。基本的に、家族が保証人になっていない借金であれば、債務整理は内緒で行うことができます。ただ、債務整理の中には、世帯収入を調べることもあったり、支出状況のチェック、預金残高の確認などがあり
過去の債務整理を家族に内緒したいけれど
実は過去に債務整理をしていた。それを家族に内緒にしたい方も多いでしょう。これもバレる可能性は少ないのですが、債務整理後にはクレジットやローンを組むことができません。大抵10年くらいの期間と言われています。
専業主婦の債務整理 絶対に家族には内緒したい
最近は、妻の立場の債務整理が多いと言います。有職であれば、自分の給料からの返済も可能ですが、専業主婦だったり、返済額が膨らんだ場合、夫には絶対言えない借金を作ってしまって、返済に困っている方も増えています。
保証人が家族の借金 内緒で債務整理はできるか?
借金返済できない借金の中で、家族が保証人になっている場合、家族に内緒で債務整理をすることはできるのでしょうか?保証人のある借金の場合、滞納をしてしまった時点で、保証人に連絡がいきます。この借金だけはなんとか返済できるけれど、他の借金がなければ大丈夫のケースもあります。