過去 債務整理 家族に内緒

ヤミ金被害解決

 

実は過去に債務整理をしていた。
それを家族に内緒にしたい方も多いでしょう。
これもバレる可能性は少ないのですが、債務整理後にはクレジットやローンを組むことができません。
大抵10年くらいの期間と言われています。
その間、カードは作らない主義を貫けば良いだけです。

 

しかし、人生の各シーンでそれが仇になってしまうこともあります。
ある体験談なのですが、ご主人が独身のときに債務整理を行って、奥さんにずっと内緒にしてきました。
クレジットカードは嫌いと言えば、そういう人なんだと妻も納得です。
そして、債務整理から約10年経ったときに、クレジットカードの申し込みをしてみると、無事にクレジットカードを持つことができました。
そろそろ必要なときもあって、とカードは持たない主義をやめるふりして、クレジットカードを使っていました。
ある時、家を買おうと住宅ローンの申し込みに行ったとき、審査に落ちました。
それも、金融機関を何軒か行ったのですが、全てダメでした。

 

これは、過去の債務整理が関係しているのではないかと思われることです。
審査内容に関しては、金融機関は一切公表しないので、真偽は確かではありませんが、債務整理をしたり、借金返済の滞納の情報は、貸金業者や消費者金融から信用情報として保証会社に報告されます。
住宅ローンは、過去の情報をもとに審査を行うことが多いので、債務整理をしていた方の場合、審査が通らないことが多いという噂です。
あくまでも噂ですが、こういう口コミはとても多いです。

 

妻にしてみれば住宅ローンが組めないことがどうしてなのかわからないのですが、ご主人にしみれば、債務整理のことを言うべきか悩んでいるということでした。
結局、住宅ローンの組めないことから、マイホームは諦めることになりました。
このように債務整理は家族に内緒にすることはできますが、このようなこともあるということです。

 

クレジットカード程度でしたら、10年くらい経てば作れることができますが、その債務整理の内容によっては、カーローンや教育ローンなどの大きな金額のローンの審査も通らないことがあります。
内緒しておくことができない立場であれば、いずれは打ち明けなければならないこともありますが、普段の生活だけであれば、過去の債務整理は永遠に家族に内緒にしておくことができる可能性はあります。

関連ページ

債務整理と家族
債務整理をする時、絶対に家族に内緒で行いたい方も多いでしょう。基本的に、家族が保証人になっていない借金であれば、債務整理は内緒で行うことができます。ただ、債務整理の中には、世帯収入を調べることもあったり、支出状況のチェック、預金残高の確認などがあり
同居家族に内緒で債務整理はできますか?
家族に内緒で債務整理はできます。まず、別居しているのであれば、自己破産でも何の問題もありません。債権者は、滞納していた場合、催促を行うのですが、その時に同居している家族に及ぶことはほとんどありませんから、そこは安心です。
専業主婦の債務整理 絶対に家族には内緒したい
最近は、妻の立場の債務整理が多いと言います。有職であれば、自分の給料からの返済も可能ですが、専業主婦だったり、返済額が膨らんだ場合、夫には絶対言えない借金を作ってしまって、返済に困っている方も増えています。
保証人が家族の借金 内緒で債務整理はできるか?
借金返済できない借金の中で、家族が保証人になっている場合、家族に内緒で債務整理をすることはできるのでしょうか?保証人のある借金の場合、滞納をしてしまった時点で、保証人に連絡がいきます。この借金だけはなんとか返済できるけれど、他の借金がなければ大丈夫のケースもあります。