保証人 家族の借金 内緒で債務整理

ヤミ金被害解決

 

保証人が家族の借金 内緒で債務整理はできるか?

借金返済できない借金の中で、家族が保証人になっている場合、家族に内緒で債務整理をすることはできるのでしょうか?
保証人のある借金の場合、滞納をしてしまった時点で、保証人に連絡がいきます。
この借金だけはなんとか返済できるけれど、他の借金がなければ大丈夫のケースもあります。

 

債務整理で一番多いのは、債権者と直接交渉を行う任意整理です。
任意整理は、借金が複数あるときには、全てを行うのではなく、選んで債務整理ができます。
ですから、家族が保証人になっている借金はそのまま返済をしていき、その他の借金だけを債務整理をすることができますから、内緒にしておくことは可能です。

 

ただし、自己破産、民事再生などの裁判所を通して行う債務整理の場合は、世帯の収入や資産公開などが必要になります。
弁護士に依頼をしたとしても、家族にしてみれば不穏な動きに見えることもあり、家族に内緒にしておくのは難しい状況も考えられます。

 

家族に内緒で債務整理をしたい場合、弁護士などに相談をした方が良いケースが多いです。
これは、実際に動くのは弁護士で、本人は黙って書類などの提出をするだけ、債権者との交渉も任すことができるからです。
もちろん最遺書から家族に内緒であることで、アドバイスなども受けることができます。

 

保証人が家族の借金については、手を付けないのが原則になりますが、その際も弁護士の適切なアドバイスによってうまくいく可能性は高いです。
何と言っても、他の借金の返済額が小さくなっていけば、その借金を余裕で返済できるようになれば、家族に知られることなく、返済ができます。
ですから、どうしようと悩んでいないで。まずは弁護士に相談をしてください。

関連ページ

債務整理と家族
債務整理をする時、絶対に家族に内緒で行いたい方も多いでしょう。基本的に、家族が保証人になっていない借金であれば、債務整理は内緒で行うことができます。ただ、債務整理の中には、世帯収入を調べることもあったり、支出状況のチェック、預金残高の確認などがあり
同居家族に内緒で債務整理はできますか?
家族に内緒で債務整理はできます。まず、別居しているのであれば、自己破産でも何の問題もありません。債権者は、滞納していた場合、催促を行うのですが、その時に同居している家族に及ぶことはほとんどありませんから、そこは安心です。
過去の債務整理を家族に内緒したいけれど
実は過去に債務整理をしていた。それを家族に内緒にしたい方も多いでしょう。これもバレる可能性は少ないのですが、債務整理後にはクレジットやローンを組むことができません。大抵10年くらいの期間と言われています。
専業主婦の債務整理 絶対に家族には内緒したい
最近は、妻の立場の債務整理が多いと言います。有職であれば、自分の給料からの返済も可能ですが、専業主婦だったり、返済額が膨らんだ場合、夫には絶対言えない借金を作ってしまって、返済に困っている方も増えています。