借金問題相談 誰にも内緒で 弁護士

ヤミ金被害解決

 

借金のお悩みに関しては金融ではなく弁護士へすぐ相談

お金を返す目処が立っていない方は金融をこれ以上利用するのは危険と言えるでしょう。
本当に借金が払えず頭を痛めているならば、潔く弁護士へ電話されて下さい。

 

身内や家族へ相談するのも良いかもしれませんが、一気にみんなに負担が掛かってしまい、家族はともかく、周囲からの信頼関係を失う事にになるでしょう。

 

借金を無視していてはいけません。
甘く見ているとどんどん増えていくので、その時に弁護士に相談されても最悪の手段しか選べないと思います(自己破産)

 

これをするとカードが使えなくなり、家の財産などを一気に手放してしまいます。
一気に何もかも失って更生していける人ならば良いですが、皆様が皆様そうとは限りません。

 

なので、借金総額が膨らまないうちに、比較的リスクの少ない整理をされた方が良いでしょう。

 

弁護士に駆けつけるにはまだ早いと思っていれば、急な出費で返済出来ないなどが生じた時に、又結局別の金融会社から借りる事になってしまいます。

 

ここが借金の怖い所なんですよね、決して身体的にダメージを与えるかのように直接お金が牙を向いて襲ってくるわけではありませんが、精神的苦痛というものが後々ずっと続いていきますから、このような苦しい日々からの離脱又は予防線として弁護士への相談はお早めが良いかと思われます。

借金の延滞の悩みは弁護士に相談して債務整理で解決する

多重債務と一言で言えばとにかく借金をあちこちから作っていて、今も尚返済で苦しく利息のみの支払いなどで一切元金が減らない状態、先の見通しのつかない状態を意味していたりします。

 

この多重債務の多くは支払いが困難となって、支払い返済が遅れてしまったり、支払いの延滞によって借金滞納という事となってしまうみたいでした。

 

仕事をしている人でも多額の借金を抱えてしまっているような人であれば、働いても働いても毎月の返済が追いつかないという状態にいるんだと思われます。

 

これを放置すると督促の電話、督促状、取り立て、状況確認の為の訪問、残債の一括返済請求、裁判所への申し立て、呼び出し、最終的に強制執行。

 

借金が払えないからと知らない振りをしていても状況がどんどん不利となってくる事だと思われます。

 

こんな時にまず現状を打破する為には、法律事務所への相談による解決が急がれるという事になるのではないでしょうか?

 

毎月働いていても完済又は返済出来るような額でない場合、又は既に多重債務者などであった場合、知人や身内から借りても全額返済までは簡単じゃない事だと想定出来ます。

 

これ以上の借金滞納が続かないようにする為には債務整理が一番良い方法だと考えられます。

 

借金の返済額が多いようなのでしたら、完全解決をする為にも司法書士より弁護士を優先してご相談を急いでおきたい所だと思います。

 

今現在の収入から増加する見込み性も無ければ返済の目処も立っていない、とにかく延滞しているような借金問題がある人は直ちにこれを解決するようにしなければいけません。

 

借金延滞を放置せずに相談した方が良い理由

お金が払えなくなってしまい借金延滞を続けている人がいるとすれば、暫くは無視していてもある程度大丈夫だったりします。

 

督促の電話や郵送による督促状、訪問と都度都度対応しなくてはいけませんが、支払いがある一定の期間まで払えなくても一刻を争うような事にはならないかと思われます。

 

ただ当然長期において借金滞納をしていた場合、強制執行というものが行われて財産などの差し押さえ、ローンの残高一括返済など命じられる事になるでしょう。

 

最悪の事態を招かないようにする為にも借金延滞を続けている人はちゃんと弁護士などに相談しておかなければなりません。

 

督促状が届いている段階ならまだ約一ヶ月位遅れている状態ですので、例え遅れていてもこの時点で支払えば問題は事実上無しとなります。

 

しかしこれでもまだまだ支払い返済が出来ずに借金滞納が続いたとすれば、二ヶ月〜三ヵ月後となってくると結構事態が悪化してきますので注意が必要です。

 

こちらの名前、延滞状況などが信用情報機関へ登録されるとの通告書が届くようになっており、いわゆる金融事故情報として登録されてしまいます。

 

これはいわゆる延滞ブラックというもので、延滞している借金がある以上、完済が確認出来るまでの間、消費者金融、銀行といった各金融機関からの融資が受けられなくなるというものだったりしました。

 

何処の大手の金融機関の審査でも落ちてしまうという事になるのだと思います。

 

返済の遅れが3ヶ月になった時に延滞ブラックとなるので、こうなる前に債務整理などでちゃんとあらかじめ相談しておく事が今後ブラックになるかならないか、分かれ道を決める重要ポイントとなってくると思っておいて良いでしょう。

 

借金延滞が三ヶ月になる前に事前に相談しておけば、事態の更なる悪化は免れる事は出来る事だと思われますが、逆に何もしていなければ最悪の結果を招いてしまうという事となるかもしれません。

借金延滞は弁護士などに相談しなくても時効を待てば自己解決できる?

借金返済などで追われて結局完済出来ずに長期に渡って放置した借金
まだ支払っていないからと罪悪感があったりいつ訴えられるかヒヤヒヤしている人もいる事だと思います。

 

借金延滞でずっと悩んでいる人もいるかもしれませんが、例外の解決方法としては時効によって借金返済しなくてもOKという人もいるようでした。

 

消費者金融、クレジットカード会社、銀行などから借金をしている人は今一度、最後に返済されたのはいつ頃か思い出してみて下さい。

 

もしかしたらずっと貴方が悩んでいる借金は時効となっている場合もあるかもしれません。

 

貸金業者からの借金滞納が最後の返済日から5年間経過していた場合、それは多分時効になっている可能性が高いのだそうです。

 

とは言っても大体の貸金業者の場合、時効前に裁判起訴を起こして債権名義を取得されてしまう為、その時点から数えると時効は更に10年延長となってしまうみたいでした。

 

債権名義を相手側が取得している場合は時効に至るまでもう10年となってしまうのですが、これが例えば相手側が大手の消費者金融などではなく中小消費者金融といった場合、裁判を訴えるお金が不足していたり又は運が良ければ倒産していたようでしたら恐らく債権名義は取得されていないかもしれません。

 

つまり貴方が街金などで借りていた借金で悩まれていた場合、既に時効が成立されていたという可能性もあるみたいでした。

 

但しこれらの時効を自分で確認する方法は無かったりするそうで、結局は弁護士などに相談して時効になっているかどうか聞いてみる必要性があるみたいでした。

 

又時効と言いましても自然になっているものでは無い事もあり、時効援用の内容証明の送付を行使してこそ成立する場合もあるみたいでした。

 

延滞している借金に関しては時効によって解決される事もあるかもしれませんが、結局一人で勝手に判断して動くよりも相談相手として弁護士の力はあった方が良いかもしれません。

 

もし時効になっていない場合の事も考えておくとこれは尚更だと思います。

 

借金延滞を相談又は解決しないでそのまま放置していたら自分の通帳にサシオサエと記帳される

これは実際の知人の体験談によるものなのですが、どんな理由があっても借金を放置していたら必ずバチが当たります事を証明しておりました。

 

知人は消費者金融などから借りたお金を払えないからと返さないでいたようなのですが、実際は働いていて収入があったにも関わらず返済をしていませんでした。

 

借金した目的は大の女好きでキャバクラ通いの為の利用目的だけでお金を借りていたとの事。

 

パァーっと使ってはお酒が抜けるとあまり覚えていないとの一点張りでこんなお金返済したくもないんだと、借金をずっと滞納していて二社以上からの借入で気付けば総額50万円の借金をしておられました。

 

自分がキャッシングしたとは言えど使った覚えのないお金に返済する義務は無いと何とも勝手な発言をしていて、結局キャバクラ通いで借りていた借金は無視していたようです。

 

この知人は督促状や督促の電話だけでなく、裁判所からの呼び出しなどや最終警告をくらっていても尚無視していたそうなんですが

 

とある日いつものようにATMでお金を下ろそうとしたそうなのですが、通帳にはカタカナで一文、

 

「サシオサエ」

 

、まさか自分の口座にそんな文字が記帳されるなんて思ってもみなかったみたいで暫く放置していたようでした。

 

しかしそのカタカナの意味する事実をどうしても気になって帰宅してネットで調べみたらしいのです。

 

するとそこには「当日の残高が差し押さえられている」という事実が発覚していましたようです。

 

最初は遊び半分で借りた借金だったようですが、借金延滞によって知人の人生を狂わせる事となってしまったようでした。

 

恐らく時効となっていないようですので、次にやってくるのは強制執行なのではないでしょうか?

 

借金延滞を相談しなかったり解決しようとせずに甘く見ていると、このように後悔する日は必ずやってくるという事を知人がその姿を通して証明しておりました。

 

突然ある日、通帳に記帳した時に「サシオサエ」というものがあったら、貴方の借金問題はかなり深刻化している事が想定出来る事だと思います。

 

事態を更に重く受け止める必要性とそれに対応する覚悟が要る事でしょう。

 

出来るだけくれぐれもこうなる前に借金の延滞は完済又は債務整理などで解決しておきたい所だと思わずにはいられませんでした。

 

今回の1件で借金放置、借金延滞によるお金の恨みが必ず跳ね返ってくるというのがこれ又事実なんだと思い知らされてしまいました。

 

愚か者には絶対的に天罰が下るという事なんだ思います。

借金延滞による遅延損害金とは?

自分の現金だけでは買えないものがこの世には沢山あると思いますが、自分の収入だけで買えないものとなってくると何よりも消費者金融、銀行カードローンなどを利用する事となってくるでしょう。

 

最初は買い物目的で始めたキャッシングもついつい癖になって、カードローンでお金を借りてばかりの人生になってしまう人もいるくらいですからね。

 

自力で稼いだお金よりも多額に融資が受けられる分、魅力的ではありますが人生の歯車が噛み合わなくなる事だって多いのではないでしょうか?

 

このようにキャッシングは便利な反面、最もハイリスクな借入方法とも言えるでしょう。

 

特に借金するだけしたあげく、お金が払えないとなってくると返済能力にも障害が出てくる為、誰でも一度や二度は経験したと思われる支払い難による借金返済の遅延や延滞となってしまう可能性が出てきますよね。

 

こうなった時にすぐに支払えばまだ相手側も許してくれますが、ずっと放置しているととんでもない状況となったり家族ならば離婚問題となったりもするかもしれません。

 

じゃあすぐに支払って解決しよう、返済しようと思っても一度や二度の遅延だからと油断する事は大敵だったりします。

 

何故ならば例え一度や二度の延滞であっても、借入返済の延滞によって遅延損害金というものが発生したりするからなんです。

 

これが発生するとすぐに返そうと思っても以後の返済が厳しくなる場合があります。

 

というのも本来の元金返済や利息の返済とは異なる罰金が追加される事となってしまうわけなんですよね。

 

お金を借りたにも関わらず返済日に返済しなかった人を対象に発生する損害賠償金のようなもので、簡単に言えば遅延利息というものとなっております。

 

CDレンタル・DVDレンタルなどの延滞料金と言えば、もっとわかりやすいと思います。

 

遅延損害金は上限20%ですので低金利14%前後の銀行系カードローンなどから借入をされている人でしたら、かなり返済負担が大きくなる事ではないでしょうか?

 

たかが延滞と思って油断しているとこのような突然変異で今までの返済が困難なものとなってしまう事でしょう。

 

どうしても延滞してしまうような時は事前連絡を忘れずにしましょう、支払えない事情なども話しておいて交渉相談する事で事態の悪化を防ぐ事は出来るでしょう。

 

また返済額が払えないような場合でも数千円の利息分だけでも払えるようにすれば、支払い意思を見せる事で納得してくれたり支払い日変更に対応してくれたりするようでした。

 

このような遅延損害金が発生している段階の借金であればまだ取り返しは付きますので、どうかこれ以上の借金延滞がないように気をつけて下さい。

 

もしも仮に返済がこれでも厳しいと思ってしまう状況が続くようでしたら
債務整理の任意整理などで弁護士に相談後
借金返済額を減額してもらって和解に持ち込めば借入返済分を毎回延滞するというような事も解決する事だと思います。

 

一度や二度とは言え借金返済が遅れてしまったり延滞してしまうような場合
放置したりせずに真剣に取り組まないとちょっとした出火でも大炎上してしまうような事態が起こってしまうかもわかりませんよ。

 

ちょっとした延滞が後の大惨事となってしまうという事です。